So-net無料ブログ作成

風邪を引く [日々]

_DSC0008.JPG

 一週間前の21日、こんな具合だった我が家の桜

_DSC0031.JPG

 今日はここまで成長していました。今日の天気予報で、近畿地方では滋賀県だけまだ開花の報告がないようでしたが、この蕾の色を見るといつでもオーケーという感じがします。

_DSC0036.JPG


 今日は朝こそ冷えましたが風もなく穏やかな良いお天気でした。このところ天気の変化が激しくて先日は朝から雪や霙が降ったり、雷が鳴ったりした日がありました。それに伴って気温の変動も激しくて身体が付いていきません。

 先週の日曜日、珍しく風邪を引いてしまいました。その日は4月を通り越して5月のような陽気の日でした。お彼岸のお墓参りをしていたのですが、なんとなく気分が優れなくて夕方になるにつれ身体のあちこちが痛くなってきました。熱を測ってみたら37度2分と微熱です。

 それから夜にかけて熱は少しずつ上がって37度8分まで達しました。喉が痛くなったり、身体の節々が痛くて不快ですが病院はお休みです。売薬を飲んで眠りました。

 翌朝、薬のせいか少しすっきりした気がしました。熱も37度ほどに収まっていたので、ま病院にいくほどでもないかと思っていたら、また夕方から夜にかけて調子が悪くなってきました。再度熱を測ってみたらなんと39度という表示です。驚いてもう一度計り直してみてもやはり39度です。

 始め高を括っていた妻も39度に驚いて、もう一つ別の体温計を持ってきました。こちらは元々調子が悪いのですが参考に測ってみたら38度2分と表示されてました。いずれにしても熱が高めなのには違いがありません。すぐに近所の診療所に行くことにしました。

 受付をして診察を待つ間に熱を測ってくれましたが、ここでは37度3分しかありませんでした。診察のさいに医師に家では39度あったというと、驚いて脇の下に手を当てて見てくれましたが、39度はありませんね、あっさり言われました。

 どうやら家の体温計二つとも壊れているようです。実際38度や39度あったらもっと目がとろんとしてふらふらしていますよね。一人で病院へ行けないかも知れません。まったく人騒がせな体温計です。もちろん、次の日、薬局で新しい体温計、買い求めました。

_DSC0002.JPG

 診療所で薬をいただいて、ちょっと汗をかいたら翌々日には治りました。霧が晴れたみたいに気分も身体もすっきりして風邪引く前より元気になったような気分です。

 約3年振りの風邪です。3年前も3月でした。もっともこの年は珍しく10月にも引いているのですが、昔から3月には弱いのです。気温の差が激しいせいでしょうか。

 たった数日、微熱があって身体の節々が痛かったり、喉が痛かったりして不快だっただけなのに、ただそれだけでつくづく普段の健康の大切さ、ありがたさを痛感しました。

 「お薬の手帳」と言うのが今はあるのですね。初めてもらいました。診療所の医師にお久しぶりですねと言われるほど久々の病院だったので、薬の飲み方も板に付いていません。

 三種類いただいたのですが、皆食後なのでご飯の後に飲んでいたら、一種類だけ足りなくなりました。よく見るとそれだけは毎夕食後でした。薬の飲み間違い、本当は良くないのでしょうね。


_DSC0038.JPG

_DSC0046.JPG


nice!(38)  コメント(32) 
共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。