So-net無料ブログ作成
検索選択

変わり目の秋 [日々]

_DSC0126.JPG

 紅葉が真っ盛りです。今年の秋はお天気も良くて暖かい日が多い気がします。嫌でも外に出たくなります。久しぶりにカメラを持って、裏の鎮守の森と天井川の堤防を歩いてみました。


_DSC0001.JPG

 氏神様の参道の横には幼稚園があって、園児を送ってきた母親がまだ入園できない下の子を遊ばせていました。


_DSC0008.JPG

 回りを鬱蒼とした木々で囲まれていた氏神様は、来年の改修工事に伴って森が伐採されていました。そのせいで全体の印象が明るくなっていました。反面、重々しさや神秘性が薄れてしまったようにも感じられます。


_DSC0224.JPG

 ここ数年、紅葉の時期を逃していたのですが今年はバッチリです。しかも今年の紅葉はきれいです。天井川は普段水が無いので、川底に降りたりしていろんな角度から紅葉を写してみました。


_DSC0235.JPG

_DSC0030.JPG

_DSC0171.JPG

_DSC0190.JPG

_DSC0229.JPG

_DSC0151.JPG

 神社回りを一通り撮り終えて、今度は野鳥の声に誘われるように天井川の堤防沿いを歩きました。


_DSC0124.JPG

_DSC0104.JPG

 木の葉が音も無く静かに散る姿に、鳥と間違えて何度も身構えそうになりました。時折土手沿いに風が舞い上がって、いっせいに木の葉の吹雪が斜めに流れます。


_DSC0108.JPG

_DSC0175.JPG

_DSC0210.JPG

 撮れた鳥はジョウビタキとメジロ、森の中が暗くてこんな写真になりました。ウグイスの地鳴きも聞こえていましたが、身体は小さいのに声が大きいのですぐそこで啼いているかのように錯覚させられます。遠くの雑木林を渡る小さな影を見かけただけでした。


_DSC0260.JPG

 きらめいているのは、霜にはまだ早い朝露です。森の中の腐葉土の上や堤防の草の上を歩くと、柔らかな踏み心地が足裏に心地いいですね。


_DSC0272.JPG

_DSC0239.JPG

_DSC0296.JPG

 久しぶりのアオジです。寒くなると山でよく見かけるのですが、小さくて暗いところを好むのでなかなかちゃんと写真が撮れたことがありません。今回も焦ってぶれてしまいました。


_DSC0322.JPG

 暗い森の中の道を抜けると

_DSC0457.JPG

 メタセコイヤの並木道に出ます。 

_DSC0325.JPG

 祖父と孫が散歩していました。女の子は私の前を通るとき私の姿に気づいてじっと見ていきましたが、祖父は私に気づきませんでした。彼は私の同級生です。

_DSC0451.JPG

 再就職して早一月が経とうとしています。この間に私の失業や再就職に合わせるかのように、身近な人たちが何人も亡くなったり、あるいは周りからいなくなってしまいました。

 本当にゴトリと季節が動いたようなこの2.3ヶ月でした。そしてなんだか歳を取ってしまったような気がしています。それは何も、再就職先で自分が一番年上になってしまったからだけではありません。

 それまで十年一日が如し、昨日も今日も変わらないような穏やかな日々を過ごしていたので、自分が歳を取っているのを忘れていました。それが、今回の事件で一気に季節が動いて、時の経過を思い知らされたような気がしています。

_DSC0326.JPG


nice!(55)  コメント(30) 

野鳥と再就職 [日々]

_DSC0036.JPG

 ジョウビタキの雄の鳴き声がヒィッ、ヒィッ、ヒィッとするので、カメラを持って家の外に出てみます。声はすれどもなかなか姿が見えません。耳を澄ますと頭上から聞こえて来るようです。見上げるとお隣のテレビアンテナや電信柱に止まっている姿を見つけます。

 しばらくそこで鳴き続けている事もありますが、時にモズがどこからかやって来て、ジョウビタキを追い出します。そう言えば、お隣のテレビアンテナ、以前はモズの指定席でした。

 モズより小さいジョウビタキは我が家の桜の枝に逃げます。しかし、そこでゆっくりする間もなく、またモズが後を追っかけてきたり、もっと大きなヒヨドリが高い声を上げて飛んできます。ジョウビタキはそのたびにせわしなげに羽根をばたつかせてもっと遠くに逃げていきます。

 他愛もない野鳥たちのそんな営みを目で追いながら、その様子が私にはなにやら人ごとにも思えません。どこの世界も大きなもの、強いものがいるようで、小さなもの弱いものにはなかなか安住の地は無いようです。


_DSC0495.JPG とはいえ、今回の我がハローワーク騒動は思ったより早く、しかも静かに収束しました。足繁くハローワークに通ったり、新聞広告を見回したり、電話をかけたりすることもほとんどありませんでした。何枚も用意した履歴書写真や履歴書も一回使っただけで済みました。

 なぜそんなに簡単に済んだかというと、世の中、捨てる神あれば拾う神ありなんですね。同時に解雇された元同僚が先に再就職をして私に声をかけてくれたのです。そこでは経験者、即戦力として優先的に採用してくれると言うことで、一度の面接と簡単な試験だけで内定をもらうことが出来ました。もちろん歳が歳ですし、条件は今までより悪くなりますが贅沢は言えません。

 11月の初めの頃から働いています。仕事内容は基本的には同じなのですが、会社が違えばやり方が違い、回りの人たちも違うので何となくまだ落ち着きません。以前は年配者の多い落ち着いた職場でしたが、今回は若い人が多くて私は最年長、ある意味気楽であったりプレッシャーであったりします。

 再就職が決るまでの間、約一月近く遊びました。遊んだと言っても、身体は楽でしたが精神的にはきつい日々でした。とくに眠りが浅く、一度目覚めるとなかなか寝付けない日が続きました。それも内定をもらうまででしたが。

 内定をもらってから出勤日まで少し間があったので、こんな時しか長期休みが取れないので、旅行の計画が頭をもたげました。この機会に夫婦で旅行したり、あるいは日頃行きたいと思って行けていない北海道や東京や名古屋へ行きたいと思ったのです。

 しかし、内定をもらったとは言えまだ失業の身、このひと月は少ない貯えを当てて暮らしています。せっかくのチャンスでしたが妻に言い出せませんでした。で、この間に出来た事と言ったら、またいつもの片付けとか、畑仕事ばかりでした。

 そう言えば、一日だけ大阪へ出かけたことがありました。用事は親戚のお葬式だったのですが、朝早く出かけて少し時間あったので、途中、喪服姿のまま、ヨドバシカメラに寄ってみました。

 久しぶりのヨドバシカメラです。売り場がいくつも分かれているのでどの売り場に行こうか迷いますね。まずは、パソコンのキーボードを見る事にしました。さすがにたくさんのキーボードが並んでいました。

 試し打ち出来るようになっていたので、早速リアルフォースを試してみましたが、それだけでは絶賛されるような良さは実感できませんでした。他にもFILCOや知らないメーカーのキーボードがあって目移りします。

 続いて、カメラコーナーにも降りてみました。欲しいと思うカメラやレンズがあるにはあるのですが、なんだか怖じ気づいてしまって足が前に進みません。結局あきらめて階上のオーディオコーナーに行きました。

 そこへ行くとやはり生き生きする自分がありましたね。あこがれのタンノイやJBLのスピーカーが並んだ壁面、真空管アンプ、銀色に光る機器たちが並ぶ棚、匂いさえ懐かしく感じられて、三つ子の魂百までですね。ただ喪服姿の上、時間も無かったのでざっとしか見ることが出来なかったのは残念でした。

_DSC0653.JPG

続きを読む


nice!(54)  コメント(46) 
共通テーマ:音楽
ブログを作る(無料) powered by So-netブログ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。