So-net無料ブログ作成
検索選択

椿の実のなる頃 [日々]

_DSC0066.JPG

 梅雨も後半、台風の影響もあって蒸し暑さいっぱいのこの頃です。高温多湿のお陰で草木もよく育って、家の裏は雑草がはびこり、桜や柿、椿の木などで鬱蒼としています。

 シジュウカラの幼鳥がこのところ裏庭によく来ているのでカメラを持って出たのですが、ちょこまかよく動く上桜の葉の影に隠れて姿が見えません。諦めてじっとしている椿の実を撮ってみました。いくつも実が付いていますが、この一つだけがつややかに光っていました。

 椿の実で思い出すのは、以前、参加していたブローチというブログで、子供の頃椿の実の中の黒い種に穴を開けて笛を作った話をしたら、作り方をネットで調べて子供さんと一緒に実践された方があったことです。もうずいぶん昔のこと、そしてそのブローチもこの6月で閉鎖となりました。

_DSC0091.JPG

 7月10日19時前の写真です。この時点で台風8号は潮岬付近を東に向かっていたと思うのですが、私達のところではこんな空になっていました。雨はもちろんのこと、風もすっかり収まっていました。

 少し気になって畑を見に行きました。それほど風もひどくなかったので大した被害はないだろうと思いましたが、チェックしてみると、囲いの屋根にかけてある防鳥ネットの一部が破れていました。カラスが入るには小さすぎますが雀には十分な大きさでした。

 他にキュウリの支柱が傾いたり、トマトの主枝の先が2本途中で折れていましたが被害といえるほどでもありません。この程度で済んでよかったと思います。

 それより我が家のトマト、大玉トマトはもう花が6.7段まで付いています。しかし、そのすべての段の実が順調に成長しているわけではありません。せっかくなったのに、虫に食われたり、尻腐れ病にかかって摘果しないといけないのが幾つもありました。

 とくに尻腐れ病はここ数年、悩まされています。こんな風になってしまいます。

2014-07-03 09.03.57.jpg

 尻腐れ病、原因はカルシウム不足だそうです。それで、今年は苗の小さいうちから、葉に直接薄めたカルシウムを散布していたのですが、それでも克服できませんでした。

 カルシウム不足になる原因はいくつかあるそうです。本当にカルシウムが不足している場合、地中にカルシウムがあっても、他の肥料成分が強くて根がカルシウムを吸収できない場合、あるいは水不足で水分と一緒にカルシウムを吸い上げられない場合等です。

 我家の場合は水不足かも知れません。ここ二三年、トマトは水をやらなくて良いと聞いてあまり水やりしていませんでした。尻腐れ病が発生した時期と呼応します。

_DSC0117.JPG

 それでも尻腐れ病になっていない大玉トマトがようやく色づいてきました。もう少しで収穫です。

_DSC0094.JPG

 オクラも実をつけ始めました。

_DSC0103.JPG

 ミニカボチャです。

_DSC0106.JPG

 トウモロコシも、もう少しで収穫です。

_DSC0114.JPG

 奥のスイカは来週くらいで収穫期を迎えそうです。今年のスイカは着果が悪くて三つしか実がなっていません。それも早めに着果したものばかりです。お盆に間に合わせようと受粉を遅らせたのが皆だめになりました。最近はもう花もあまり咲きません。

_DSC0130.JPG

 サトイモとサツマイモ、どちらも順調と思います。

_DSC0143.JPG

_DSC0148.JPG

 妻が夕飯の支度ができたと呼びに来た頃、畑の西の空に月が出ていました。

続きを読む


nice!(56)  コメント(36) 
共通テーマ:音楽
ブログを作る(無料) powered by So-netブログ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。