So-net無料ブログ作成
検索選択

「ラウンド・ミッドナイト」を観る [音楽(ジャズ)]

 お正月は、たっぷりというわけでもありませんでしたが、模様替えがほぼ済んだ部屋でそれなりに音楽を楽しむ事ができました。新しく揃えたオーディオラックに収まった機器で、配置しなおしたスピーカーをいつもよりちょっと大きめの音で駆動、なんともいえない幸福なときを過ごせた気がしています。

 模様替えの時、不要になったキャスター付き台車にスピーカーを乗せたことを報告しました。その後、聞き込んでみるとJBL4312Dの低音が曲によってボンつくことがあリました。

 それで即座に元のスピーカー台とブロックに戻しました。スピード感、キレが戻り、それほどボリュームを上げていないのに、低音が小気味よく彈けて軽い振動が床をつたって伝わてくるようになりました。

 再び不要になった台車はどうしたかというと、一台はテレビを置くことにしました。台車に乗せておけば、重いブラウン管テレビも、普段は部屋の片隅において置けます。必要なときだけ、台車ごと引っ張り出せばいいわけです。もう一台の台車にはストーブを乗せました。これは重いからと言うより、単に余ってしまったので乗せてみただけです。

2013-01-11 15.10.29.jpg

 しばらく前のことになりますが、映画「アマデウス」を余っているテクニクスのプリメインアンプとこれもその時行き場のなかったスキャンダイナA25mk2につないで聞いたら、その音が素晴らしく、すっかり病みつきになってしまいました。以後、DVDやVHSビデオを観るときは、プレーヤーの音声出力をアンプに繋ぎ、オーディオスピーカで聞く様になりました。

 ただ、テレビ用に用意していたテクニクスのプリメインアンプは今回の模様替えで隣室に行ってしまったので使えません。またヤフオクで安いのをゲットしようかと思ったのですが、メインのオーディオシステムに繋げば費用もかからずかさばらなくて良い事に気づきました。

 地デジに完全移行になって使い物にならなくなったパナソニックのDVDビデオプレーヤの音声をYMAHAのプリメインアンプAX-1200のAUXにつなぎ、スピーカーはセレッション100で聞くようにしました。


ラウンド・ミッドナイト [DVD] この構成でお正月休み、「ラウンド・ミッドナイト」を見ました。もう2.3年前にソフトは買ってあったのに、なかなか見る機会がなくてずっと気になっていたのでした。

 映画は1986年に制作発表されたものですが、描かれている時代は1950年代末期です。この時代、多くのジャズ・ミュージシャンが落ちぶれて、あるいはアメリカでは不遇をかこち、芸術家、音楽家として認めてくれるヨーロッパに渡ったものでした。

 この映画の主人公のテナー奏者デイル・ターナーもそんな一人です。アメリカではすでに行き詰っていましたが、パリでは偉大なミュージシャンとして迎えられたのです。

 ストーリーについては多くの場所で語られていますし、いつもおじゃましているcafelamamaさんの映画評論大人は判ってくれない」のコーナーでも取り上げられていますので、そちらを参照していただくとありがたいです。

 オープニングにまず、映画タイトルとなったセロニアス・モンクの名曲「ラウンド・ミッドナイト」が流れます。この曲はマイルス・デイビス「ラウンド・アバウト・ミッドナイト」で初めて知りました。ひょっとしたらジャズで一番最初に覚えた曲かもしれません。

 タイトルバックに流れるラウンド・ミッドナイトですが不思議な声です。私ははじめ誰か女性のスキャットかと思いました。二度目に聞き直した時には、今度は楽器のようにも聞こえました。調べると声を楽器のように操れるボビー・マクファーリンという人の声なんだそうです。

 映画は、パリの下町とBLUE NOTEというジャズクラブを舞台に進んでいくのですが、ストーリー展開よりジャズファンとして楽しかったのは、この映画に散りばめられたスタンダード曲とその演奏の数々です。しかも主人公のデイル・ターナーを本物のジャズ・ミュージシャン、デクスター・ゴードンが演じています。

 その演技というか、存在感には感心させられました。アル中の演技、とぼけた表情、渋いしゃがれた声は見事に役にはまっています。何より本物が持つ演奏のシーンのリアリティには適いません。

 その点、以前に見たチャーリー・パーカーの生涯を描いた「バード」と対照的に思えました。音はテープかレコードから起こした実際のパーカーの演奏でしたが、演奏シーンはすべて俳優さんの演技でした。

 ラウンド・ミッドナイトでは演奏シーンがふんだんにあり、ハービー・ハンコック、ウェイン・ショーター、シダー・ウオルトン、ボビー・ハッチャーソン、ロン・カーター、フレディ・ハバード、ジョン・マクラフリンなどそうそうたるメンバーの演奏を見て聞くことができました。

 YAMAHAのアンプAX-1200とセレッション100で聞く映画のジャズはまた最高でしたね。この場合、JBL4312Dでは音が勝ちすぎてしまう気がします。セレッション100、ちょっと硬めの音なのですが、ぴったりでした。演奏だけでなく、生活音や効果音にもリアリティがあって、遠くで聞こえている鳥の声が映画の世界のものなのか、現実の窓の外のものなのかわからなくなるときがありました。

 映画の中のデイル・ターナーはビ・パップのピアニスト、バド・パウエルをモデルにしていると言われていますが、この頃の多くのジャズメンの典型から創造された人物に思えました。

 この時代を踏まえつつ、創造の世界の中で一人のジャズミュージシャンと取り巻く人たちを描いたこの映画の方が、実在の人物チャーリー・パーカーの生涯を描いた「バード」より、リアティがあったのは皮肉でした。

 紫煙が立上るパリのBLUE NOTEでジャズが演奏されるシーンを見ていると、やはりジャズに煙草は似合うなぁと今更のように思いました。そしてこの映画の場合はコーヒーよりやはり酒でしょうか。

 映画の中でデイルが戦争体験を話す場面があります。持ち物検査で色の白い黒人の妻の写真を見られて、白人上官にリンチに遭う話しなのですが、これはレスター・ヤングの実話からとっているのだと思います。レスター・ヤングの場合は白人の妻の写真だったそうです。彼はこのあと除隊してももう昔のように吹けなかったのだそうです。 

 また、ブルックリンのピアノ・プレイヤーに「あんたのマネは、俺のほうがうまい」と言われたとこぼす場面があります。これもレスター・ヤングかバド・パウエルの実話だったと思います。

 酒に溺れながら収容された病院で医師に告白する場面は、音楽を創造する人の苦悩が語られます。彼は24時間ずっと音楽のことを考え、夢のなかで「もっと音を広げようとしている、どこまでも」と語ります。

 この映画の中で私が一番惹かれたのは、次の言葉でした。

 「スタイルはある日突然身につくものではない。自分の中から徐々に育っていくものだ」

 順番はGですが、今日はDEXTER GORDON(デクスター・ゴードン)にどうしてもなってしまいます。彼をDの項目で飛ばしているので、苗字の方のGで拾い直しということでいかがでしょうか。

YouTubeのシーンは映画の中でも重要で心に残るシーンでした。

http://youtu.be/K7kPsHAAJb8



nice!(50)  コメント(36) 
共通テーマ:音楽

nice! 50

コメント 36

たいへー

オーディオは、いじればいじるほど深みにハマりますね。^^;
デクスター ゴードン、いいですね。
ゴリゴリ感が少なくて、私好みかも。
家にもブラウン管3台あるんですが、どうしようか・・・
by たいへー (2013-01-12 07:28) 

something

そらへいさん

おはようございます。いよいよ、新しいオーディオ・ライフ、スタートですね。そらへいさんのウキウキしている様子が目に浮かぶようです。

スキャンダイナA25mk2とは懐かしいですね。私んちにも、兄弟機種のダイナコがあります。今はつないでいませんが、JAZZもクラシックも、両方いけますね。特にクラシックには向いてる良いスピーカーだと思います。

スピーカーはいろいろなのを揃えて、音楽によって切り替える。これも楽しいですね。
by something (2013-01-12 07:44) 

cafelamama


ジャズファンならではの「ラウンドミッドナイト」の記事、
興味深く拝読しました。
そして、そらへいさんがこの作品を気に入ってくれたようで、よかったです。

>スタイルはある日突然身につくものではない。自分の中から徐々に育っていくものだ

僕も、この台詞が身に染みた覚えがあります。
自分の作るCMのスタイルを模索していた時期でした。
当時、自分にはスタイルがなく、他人のスタイルばかりまねていました。
そうやって作ると、とりあえずの格好はつくんだけど、
見る人が見ればネタの分かってしまう薄っぺらなものでした。

ジャズミュージシャンの奥さんで思い出しましたが、
高校の同級生の女の子が、ファラオ・サンダースの奥さんになっています。
by cafelamama (2013-01-12 08:50) 

駅員3

私もテレビで映画をみるときは、サラウンドアンプにつないで臨場感溢れる環境で観るようにしているのですが、最近アンプのスイッチを入れることは少なくなりました。
by 駅員3 (2013-01-12 10:35) 

そらへい

たいへーさん
こんにちは

スピーカーの台はやはり気を使いますね。
オーディオ、いじりだすと本末転倒になりやすいので
自分の感覚を大切に適当な所で手を打つようにしています(笑)

デクスター・ゴードンよく考えると彼のリーダーアルバム
一枚も持っていないかも・・・

ブラウン管テレビ、廃物利用で良いかと思ってもらってきたのですが
重いはかさばるはで、次は液晶モニターに変えたいです。

by そらへい (2013-01-12 11:48) 

そらへい

somethingさん
こんにちは

機器の構成はほとんど変わっていないのですが
部屋のレイアウトやラックが変わると、
少し新鮮な感じがしますね。

スピーカー台は元に戻して正解でしたが
なかなかしっかりした台を見つけるのは大変ですね。
とくにスピーカーは頭でっかちになりやすくて・・・

今回レイアウト変更で、今までいっぱいつないでいたスピーカーをかなり絞り込みましたが、スキャンダイナは私のオーディオの原点になったスピーカーなので残しました。
たまにしか切り替えないので、もう少し鳴らしてやらないと、
と思っています。
歳のせいかジャズを聞くにはややスピード感が物足りなく、どうしてもクラシックの方に使いますね。

by そらへい (2013-01-12 11:56) 

そらへい

cafelamamaさん
こんにちは

いろいろな所でこの映画語られているようなので
出来る限りジャズファンの観点から見てみました。
映像とか、回想シーンが重なっている構成などもちょっと
気になったりしたのですが。

スタイル、文体とか生き方という意味もあったような気がします。
若いころはとくに気になりますよね。
年を取ってくると気にしなくても自然に
その人の個性がにじみ出てくるものなのだと思います。
もちろん良い意味でも悪い意味でも。

ファラオ・サンダースの奥さん?
私の同級生では、外国人の女性と結婚したのが
知っている限りで一人いるだけです(笑)


by そらへい (2013-01-12 12:04) 

そらへい

駅員3さん
こんにちは

私もDVD見たのは久しぶりでした。
約二時間、まとまった時間がないと見られませんからね。
私はサラウンドまでするつもりはないのですが
それでもアンプにつないでオーディオ・スピーカーで聞く音と
臨場感には感心しています。
by そらへい (2013-01-12 12:07) 

yukky_z

テレビの音なんかも、なかなか侮れませんよね? 昔ハイファイビデオが
流行った頃、アンプに繋ぎ、スピーカーを通して聴くだけで随分と、
豪華な音に感じたものでしたけどね^^;
by yukky_z (2013-01-12 12:16) 

himanaoyaji

音に対しての追求がとまりませんね、 (^-^)。
私は、BGMで聞く事が多くなってます。
by himanaoyaji (2013-01-12 12:22) 

song4u

こんにちは。
今日の福岡、12時半現在の気温は10℃と暖かく、
風のない日向にいると、ポカポカとして気持ちがいいです。
つい、居眠りしてしまいますね。(笑)

ぼくのオーディオセットも、今やAV方面への拡充がメインに
なっているように思います。
取り立てて、そうなるように意図したわけではないのですが、
映画好きと音楽好きが同居していれば、大抵はそうなるのが
当たり前なのかもしれませんね。

メインの機材は、AVアンプに繋いでいます。
7.1chまでの機材ですが、ぼくは4.0の疑似サラウンドです。
ソースによって、効果の現れ方は大きく違うように感じますが、
ご紹介いただいたような音楽作品ならば、AVセットが喜んで
真価を発揮すると思いますね。

だけどぼくは欲張りなので、あれもしたい・これもしたい。
色んなことに手を出しすぎて、結局、どれも中途半端です。
たった2時間を惜しんで観たいDVDを放置している割りには、
その代わりになるような成果がないまま、時間だけがドンドン
容赦なく過ぎて行きます。

なかなか上手く行きませんね。
年が変わっても、そういうことだけは何も変わりません。
ぼちぼち変わって欲しいんですけど。(笑)
by song4u (2013-01-12 12:50) 

そらへい

yukky_zさん
こんばんは

テレビの音をステレオにつないだことはありませんが
やってみたらいい音がするかもしれませんね。
どうしてもテレビ付属のスピーカーで聞いてしまうので
テレビの音期待しなくなるのかも。



by そらへい (2013-01-12 18:12) 

そらへい

himanaoyajiさん
こんばんは

音の追求というほどでもないのですが
よい音で聞くと気持ちいいですからね。
私もながらで聞くこと多いですが
それでもよい音だったりよい音楽だと
引き込まれることがあります。
by そらへい (2013-01-12 18:18) 

そらへい

song4uさん
こんばんは

song4uさんはAVアンプでサラウンドを楽しまれておられるのですね。
私たちの年頃だとそういう方案外多いかもしれませんね。
7.1chというのはどんなものなのかすごいですね。
4.0の擬似サラウンドというのはどういうものなのか
ソースによってははっとさせられることあるのでしょうね。
ステレオは左右ですがそこに前後が加わるわけですから
後ろからジェット機の音が頭上を越えて前方に飛んでいくということが
実感されたりするのでしょうね。
私は、音の効果もそうですが、ともかくオーディオアンプ、スピーカーを
通すと音のクリアさ、リアリティがテレビ付属の音より格段に増す気がして
はまってしまいました。

本当に煩悩というかあれもこれもしたいことがあって、
これでよいということがありませんね。
あるところまで行くと、また次の目的地が見えたりして、
これは年が変わったくらいではとてもとても
きっと死ぬまで直らないのかもしれませんね。

by そらへい (2013-01-12 18:30) 

夏炉冬扇

こんばんは。
こだわりですね。
去年ぎゃらりぃで雅楽演奏してもらいましたが、その時のスピーカーがなんとかいう(娘が名前言ってたけど覚えず)高価な代物でした。
by 夏炉冬扇 (2013-01-12 21:13) 

そらへい

夏炉冬扇さん
こんばんは

案外簡単に妥協することが多いそらへいなんですが・・・
自分の遊びの中では、とりあえず人に迷惑もかけないので(笑)
雅楽演奏に使われたスピーカーなんだったのでしょうね。
世に有名なスピーカーも高価なスピーカーもいろいろありますが。

by そらへい (2013-01-12 21:23) 

めい

音楽は聴くだけでオーディオのことは全く解りませんが
良い音で聴く音楽は心に響きますね
何回かジャズを聴きに行ったことがあります
テンポの良い曲になると自然に足がリズムを捉えていました
もっぱら音楽はアイホーンでしか聴かなくなりましたが
それでも音楽ファンしてます(笑)
音楽がないと世の中つまらないそれほど生活には
不可欠なものが音楽のような気がします
良い環境で良い音を聴きたいわぁ^^
by めい (2013-01-12 23:27) 

ski

部屋の整理も落ち着いたんですね。
映画をゆっくり見るのはいいですよね。
いいスピーカーとアンプと再生機があれば没頭出来れば凄くいい時間ですし。
映画はやはり声とか効果音もあるし、スピーカーも使い分けという感じでしょうか。

by ski (2013-01-12 23:39) 

そらへい

めいさん
こんにちは

いい音で聞くのは究極の姿であって音楽の好き嫌いとか
よしあしとはまた別の世界のことかと思います。
楽しい曲、素敵な曲がわれわれを捕らえるのは
必ずしもすごい音響装置であるとは限りません。
街を歩いていたり、車を運転しているときに
ふっと心にとまる曲があります。
そういう瞬間が好きです。
音楽のない生活は考えられないですね。
ジャズを聴いて、体のどこかが揺れ始めたら
もう立派なジャズファンですね。
by そらへい (2013-01-13 11:48) 

そらへい

skiさん
こんにちは

まだ細かい片付けとか整理が済んでないのですが
とりあえず、早くくつろぎたくて・・・
DVDで見る映画、今ブラウン管で見ているのですが
もう少し大きい液晶で見たくなってきました。
もっとも、そうたびたび見ることもないとは思うのですが
もう少し年取って完全に晴耕雨読の生活になったら
DVD見る時間増えるかな、と思ってます。
by そらへい (2013-01-13 11:51) 

ミチヤス

こんにちは 今日は雨です
スト-ブの台車、わが家では自作で、掃除の時は移動出来て
便利です 妻も喜んでいますネ
  その他、幾つか作り利用しています。有れば便利です
  外でも植木鉢の移動などにも使います
    では また出て来ますけんで~ 
by ミチヤス (2013-01-13 15:49) 

そらへい

ミチヤスさん
こんにちは

そちら雨ですか。
こちらは昨日、今日と暖かくて
でも今日は午後から曇り空、雨雲が近づいていそうです。
台車、意外と便利ですね。
外でも畑仕事とか使い道ありそうです。
自作、そういえば、余ったキャスターがありました。
いろいろ工夫できそうですね。
by そらへい (2013-01-13 16:18) 

プリウス

そらへいさん、こんばんは!!

オーディオの組み合わせの妙?は、、やって見ないと分りませんね!
・・そこが、面白い所なんですが、、、。

オーディオとビジュアルは一緒に考えないと、バランスがあるんですね!

ジャズをテーマにした映画が沢山あるのは、最近知りました。。
・・ありきたりのTVしか持っていませんが、、いずれレンタルして見ます!



by プリウス (2013-01-13 18:58) 

そらへい

プリウスさん
こんばんは

色々組み合わせてみて、気に入るもいらないも
自分自身ですからね。気楽というかいい加減というか。(笑)

オーディオとビジュアル、今まであまり考えたことなかったのですが
エラとかカウント・ベイシーのライブビデオなどを見ると
まるでその場にいてコンサートを一緒に楽しんだみたいに
臨場感がありますね。
目で見るというのもバカにならないんですね。
by そらへい (2013-01-13 19:27) 

Studio-Oz

こんばんは

相性とか些細なセッティングで音って変わってしまうんですね。
以前、PCの液晶モニターを変えたらモニタースピーカーの出音が
全く変わってしまいびっくりした事がありました。
by Studio-Oz (2013-01-13 22:51) 

su-nya

私は音の善し悪しとか全くわからないのですが、
きっと最高の音響で
いい映画やいい音楽を観聴きするのは、至福のひとときなんでしょうねぇ。

タバコの煙とバーボン(笑)は必須アイテム?
ではないですね。

それより移動可能なストーブも便利そうです♪


by su-nya (2013-01-14 06:03) 

お水番

「ラウンド・ミッドナイト」、私も観ました。もう一度、観てみたくなりました。
by お水番 (2013-01-14 16:07) 

そらへい

Studio-Ozさん
こんばんは

私はそれほどシビアには聞いていないつもりですが
再生された音が気に入ればそれでよし、です。
うまくいくと本当に気持ちいいですが
うまくいかないと少しイライラします。
それはオーディオに限らず何事でもそうですね。
by そらへい (2013-01-14 17:42) 

そらへい

su-nyaさん
こんばんは

今日は東京、高校サッカーの決勝が中止になるくらい
降雪してますが、そちらはいかがですか。

オーディオ自分一人で聞いている限り、誰にも迷惑かけず
また誰の役にも立てない作業ですね。
あ、音漏れで迷惑かけることあるか。

この映画に出てくるパリのジャズ・クラブを見ていると
確かにタバコにバーボンかなと思えました。
客が強い酒を飲んでぶっ倒れるシーンがあります。
それを見てアル中の主人公が
同じ物を俺にもくれ、と云ったりするんですよ。

キャスター付き台車、重いものの移動には便利です。



by そらへい (2013-01-14 17:50) 

そらへい

お水番さん
こんばんは

私は晩稲で今頃です。
音楽が散りばめられていて、それだけで嬉しくなりますね。
映像もなかなかみせました。
ストーリーはフランス映画らしく、雰囲気重視ですね。
by そらへい (2013-01-14 17:52) 

ぼんぼちぼちぼち

ラウンドミッドナイト、是非 観てみたいと思いやすっっo(◎o◎)o
by ぼんぼちぼちぼち (2013-01-14 19:37) 

そらへい

ぼんぼちぼちぼちさん
こんばんは

ジャズ好きの人にはお勧めですが
果たしてぼんぼちぼちぼちさんのお口にあうかどうか
by そらへい (2013-01-14 21:17) 

yoko-minato

無事、旅行へ行ってきました。
模様替えしたオーディオルームでの
音楽鑑賞はいいでしょうね。
上手く台車も使っていますね。
by yoko-minato (2013-01-17 06:02) 

そらへい

yoko-minatoさん
こんばんは

京都は横浜に比べると寒かったと思います。
お孫さんたちにも会えて、
有意義な旅行ができて良かったですね。

細かなものの整理も随分進んで
今回の模様替えもようやく終わりに近づいて来ました。
もっとも、いつも気をつけていないと
すぐにまたモノが溜まってしまうのですが・・・
by そらへい (2013-01-17 18:23) 

tromboneimai

観よう観ようと思いながらまだ見れていない映画です。
出だしはボビーマクファーレンなんですね。
一枚だけチックコリアと一緒にやっているのを持っていますが、
驚異のボーカリースです。

”何より本物が持つ演奏シーンのリアリティには適いません”

って、紅白のバックバンドを指摘されているようで耳が痛いです(笑)
by tromboneimai (2013-01-20 23:13) 

そらへい

tromboneimaiさん
こんばんは

ボビーマクファーレン、知りませんでした。
まず聞いたときは、女性のスキャットかと思ったのですが
二回目に聞いたときは、楽器のようにも聞こえて・・・
声を一つの楽器のように扱う奏法?あるんですね。

いえいえ、紅白見なかったので残念ですが
長いトロンボーンを捧げたお姿、存在感、バッチリです。
by そらへい (2013-01-20 23:52) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ブログを作る(無料) powered by So-netブログ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。