So-net無料ブログ作成
検索選択

「冬の旅」 [音楽(クラシック)]

 今もあまり変わりありませんが、私が子供の頃、映画を見るには遠くの町までバスや電車に乗って行かなくてはいけませんでした。

 その代わりと言っては何ですが、当時は巡回映画というのがあって、小学校や中学校の講堂や体育館に全生徒が集まって映画を見ました。教育的な映画が多かった気がしますが、中には中村錦之介主演の「織田信長」とか「宮本武蔵」などの娯楽時代劇もありましたね。

  確か中学校の時、今、山田洋次監督吉永小百合さん、鶴瓶さんでリメイクされている幸田文さんの「おとうと」とか、同じ市川 崑監督の東京オリンピック」などを見た記憶があります。

 シューベルトの生涯を描いた「未完成交響楽」(たぶん、1959年版)を見たのもこの頃だったと思います。ストーリーはほとんど覚えていないのですが、音楽家シューベルトが若い友人たちに囲まれて過ごす楽しい牧歌的な場面を覚えています。

 シューベルトが恋をしてその思いを歌に託し、友人の歌手に歌ってもらうのですが相手の女性は歌っている友人の胸に飛び込んでいくと言ったストーリーだったような気がします。失恋したシューベルトが楽譜を前にして愕然とつっぶす場面が印象に残っています。

 この時のシューベルトのイメージがけっこう強かったせいか、私はその後あまりシューベルトが好きになれませんでした。暗さやなんとないだささのようなものを彼に感じてしまうのです。

 たとえば、弦楽四重奏の「死と乙女」などはちゃんと聞いたことがないのですが、ともかく出だしから暗いと言う印象で、とても全曲付き合う勇気がもてません。

  それに比べると、歌曲やピアノの曲は、同じ暗い色調に彩られていても、一つ一つが短くて、どこか悲しく浮き立つようなところがあって、映画の印象とは逆に嫌いにはなれません。

 

シューベルト:歌曲集 冬の旅

 むしろ、「冬の旅」などは学校で習った懐かしい曲が多いのと、ロマンチックな題名に憧れさえ感じました。左の写真のCDとはジャケットが違うのですが、レコードフィッシャー・ディスカウイエルク・デームスの「冬の旅」は何度も聞きました。

 

 

A面 菩提樹 さすらい人 野ばら 死と少女 君はわが憩い 水の上で歌う 楽に寄す

B面 セレナーデ きけきけ、ひばり 春のおもい 鱒 憩いなき恋 夕映えに 魔王

 

  ところで、私自身の冬の旅はどこへも行く予定がありません。仕方がないので買ったばかりのニコンD5000を携えて、家の裏の冬を旅しました。また30日限定のスライドショーにしてみましたので、クリックしていただくと展開されます。

 


nice!(21)  コメント(18) 
共通テーマ:音楽

nice! 21

コメント 18

クンツ

こんにちは、映画も劇団観賞もありましたね、始まると自然に静かに^^
カメラで冬の旅ですね、レンズ追求し始めるとどうなりますか楽しみです、クンツもデジイチはニコンです(シャッタータッチの感触が昔から好きなだけで)コンデジはキャノンで全く統一していませんが^^。

by クンツ (2010-01-22 23:34) 

yukky_z

空兵さんは素晴らしい自然環境で、
暮らしていらっしゃるんですね。
大変眼の保養になりました^^
by yukky_z (2010-01-23 01:53) 

y-tanaka

おはようございます。
デジブック良いですね、写真綺麗です。
by y-tanaka (2010-01-23 09:22) 

stone-9

小学生の頃校庭にスクリーンを張って、
映画を見たことを思い出しました。
あまりにも古い事で観た映画は忘れましたが、
ディスニーのアニメを観たのは憶えています。

カメラ、新調されたんですね、羨ましいです。
綺麗な自然の風景を楽しみにしています。

by stone-9 (2010-01-23 17:25) 

空兵ーS

yukky_zさん
こんばんは

家の裏にあるナンテンの木に、このツグミが通っていて
たわわに実っていた実がほとんどなくなってしまいました。
桜の木の近くには、ビー玉より大きい黄色い実が落ちていました。
お隣のキンカンだと思います。
野鳥が取り落としてしまったんでしょう。
そんな自然のさりげない仕草を見るのが好きですね。


by 空兵ーS (2010-01-23 20:05) 

空兵ーS

y-tanakaさん
こんばんは

いつもきれいな写真を載せておられると思っている
y-tanakaさんに写真きれいと言って頂けると、嬉しいですね。
撮りながら少しずつ勉強していけたらと思ってます。


by 空兵ーS (2010-01-23 20:13) 

空兵ーS

stoneー9さん
こんばんは

校庭であるのは、ちょっとしたドライブインシアターのようなものですね。
子供の頃は、巡回映画が楽しみでした。
良く途中でフィルムが切れて、復旧まで長いこと待たされた記憶があります。

前からカメラ買い換えたかったのですが、資金がずっとオーディオに流れ続けて、2年越し、初めてのデジタル一眼、まだ代金払ってません。
払い終わる頃には、少し腕が上がっているでしょうか・・・
by 空兵ーS (2010-01-23 20:17) 

ぼんぼちぼちぼち

デジブック 拝見しやした。
南天も水仙も 美しかったでやす。

巡回映画 あっしは「101匹わんちゃん」を観やした。

by ぼんぼちぼちぼち (2010-01-24 19:09) 

空兵ーS

ぼんぼちぼちぼちさん
こんばんは

ありがとうございます。
このところ、なかなかこてこてのジャズの記事が
書けません。寒いせいでしょうか。

そう言えばアニメもありましたね。わたしが覚えているのは、「山椒大夫」を元にした悲しい物語「安寿と厨子王」です。
by 空兵ーS (2010-01-24 21:40) 

FUCKINTOSH66

空兵さんの写真、いつも楽しみにしてるんです♪
今回のシリーズ、初春の雰囲気が漂ってますねぇ。
とくにイイなぁと思ったのは、2枚目の屋根抜けの青空と雲に
11枚目の樹にとまってる鳥たちのショットです(*'v'*)

by FUCKINTOSH66 (2010-01-25 17:40) 

駅員3

私が子供の頃、夜、近くの中学校の校庭に白い幕を張って蚊に刺されながら映画をみた記憶があります[わーい(嬉しい顔)]
by 駅員3 (2010-01-25 19:37) 

空兵ーS

FUCKINTOSH66さん
こんばんは

ありがとうございます。
今までは、鳥や花の名前を覚えるために
写真を撮ってきた節がありますが
これからはいろいろ試してみたいです。
新しいカメラは少しだけ表現の幅をアップしてくれそうです。
by 空兵ーS (2010-01-25 23:16) 

空兵ーS

駅員3さん
こんばんは

けっこう若い方々でも巡回映画や、
屋外の映画の体験があるんですね。
私は大人になってから、近所の小学校の校庭で
寅さんを見ました。蚊に刺されたかどうか忘れましたが
夏でした。
by 空兵ーS (2010-01-25 23:21) 

ukim

「スキャンダイナ」入手いたしました。

ピアノが良いということなので、ベツレヘムのニーナシモン
「Jazz as played in an exclusive side street club」
でファストインプレッション。

①どえらく能率が低い!
②上と下のつながりが悪く中域が薄い。
(左右おなじなので、劣化とは考えにくいです)
③高域が張って耳に付く。

真ん中が抜けているような音です。
空兵さん。こんな感じですか?
だからある程度ボリュームを上げないと、まとまらない。

う~~~む。

でちょっとユニットを外してみました。
ネットワークというほどじゃないけどセメント抵抗と
電解コンで上下を切っているだけの単純なものですが
コストを掛けていない所為か、コンデンサはノンポーラ(無極性)
じゃなくって普通のバイポーラ。しかも容量が抜けていました。
でもこれを正常に戻しても、基本的な音は変わらないはず
です。ユニットはアルニコですが、減磁は考えにくいし。
とにかく古い音です。
古くても快い音のSPは幾らでもあるし、調べるとダイナコブランド
あわせて6万本も出荷したらしいので結論はまだ早いと思いますが、
でもSPはファストインプレッションですからねー.....。

近々にコンデンサ取り替えて特性を計ってみます。
by ukim (2010-01-27 17:10) 

ukim

気を取り直して、クラシックソースも聞いてみました。
意地悪なソースですが、ジュリアードSQのBeethoven string
quartet集。これはもともときつい音の録音です。

なるほどジャズより、まとまっているような気がする...
けれどもやはり高域が勝っていますね。
周波数的には上はそんなに出ていないくて、特定のところが
張っている感じがします。
一聴、広がりがあるような感じですが、定位は曖昧です。

昔に戻ったような変な気分。
なるほど、これを鳴らすには空兵さんの言われる
「チューブアンプが良い」の意味がわかりました。
個人的にはチューブの音、TRの音という素子の違い
は、かなり高度な領域の話と考えているので、
言い換えて「柔らかい音」のアンプが良いということでしょうね。
理屈っぽくてすみません。

特性を計って上下のつなぎの部分を変えてみます。
(なにか最初と違う方向に...) お騒がせ致しました。
by ukim (2010-01-27 18:25) 

kasumi

スライドショーの自然の写真、素敵に撮れていますね。
とくに木の実と小鳥の様子が、ほのぼのとしていいですね。

シューベルトの「冬の旅」は、学生時代よく聴きました。
詩集の付録についてきたのがきっかけで、ペラッとした
透明なレコードでしたので、すぐ傷んでしまいましたが・・・

結婚して子供ができてから改めて買ったCDが
シューベルト:歌曲集(冬の旅) 真っ白な雪に一本の木のジャケット・・・
プレガルディエンの歌声がすんなりと入り、昔が甦りました。
第1曲の「おやすみ Gute Nacht」や
第5曲の「菩提樹 Der Lindenbaum 」など
繰り返し聴きましたね。今そのCDを探しています・・・♪

by kasumi (2010-01-28 13:55) 

空兵ーS

ukimさん
こんばんは

スキャンダイナ手に入れられたのですね。

ずいぶん前のことになりますが、ある自動車評論家が
日本車は買ったときが最高であとは減衰していく一方だが、外国車は、買ってからじわじわ味が出てくるものがあると。
耳あたりの良いそこそこならすスピーカーはたくさんあるのでしょうが、味わいのあるスピーカーは少ない気がします。
もっともスキャンダイナはもう35年も経っていて、じわじわ味が出てくる時期もとっくに過ぎてしまって出がらし状態かも知れません。
おっしゃっていることはだいたい当たっている気がします。高域に癖があるところがありますね。それとスクラッチノイズの周波数と合うのかずいぶん悩まされました。
ジャズは低音、ドラムなどがもごもごでダメですね。
バイオリン曲とか、(これも合うのと合わないのがありそうですが)バロックのリュートなどが良い音色でかつては鳴っていました。
工夫されて、スキャンダイナがukimさんお好みの色に染まっていってくれることを祈っております。
by 空兵ーS (2010-01-28 21:53) 

空兵ーS

kasumiさん
こんばんは

kasumiさんのような素敵な写真が撮れたらと思いますが、
テクニック、風景のスケール等、まだ違いがありますね。

シューベルトの曲は、メランコリックでセンチメンタルで、
夕暮れ時などに聴くと胸に迫ってくるものがありますね。
あんまりいつもは聞けませんが、たまに取り出して聞いています。

そう言えば、シューベルトは若い頃に買ったレコードが数枚あるだけで、CDが一枚もありません。
もっとも、わたしには、この数枚のレコードで十分という気もしています。
by 空兵ーS (2010-01-28 22:04) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ブログを作る(無料) powered by So-netブログ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。